私の福袋の楽しみはプチチャレンジできること

私は福袋が好きです。福袋というと、好きな人と避ける人、二種類の感想があると思います。私の夫は福袋は買わない人です。思いがけない物があるのが落ち着かないのだと思います。
私は、その思いがけない物に出会ってみたい気持ちがあります。私が購入する福袋は、大体が高島屋 福袋ですが、福袋の中に、自分では普段買わない色味やシルエット、柄の物があると、チャレンジして着こなしてみようと考えます。それができるのが福袋の良さだと思うのです。
最近は洋服の福袋も、サイズ別で、誰にでも着られるような無難な物が入っていることが多く、ものすごく困ったことはないし、普段なかなか買い物にも出られず、手ごろな価格で何枚もトップスもボトムスも入っているような福袋があると、一年に一つくらい買いたいなという気持ちになるのです。
逆に私の苦手な福袋は、コーディネートされたものが何点か入っている物や、自分で選んで作る福袋です。自分の好みの物でまとめた方が良さそうですが、私は誰かに作ってもらった福袋の方が楽しめます。
その他に買いたくなる福袋は、メイク用品が入っているものです。これも洋服の時と同じで、いろいろな物を試してみたいけれど、普段はなかなか手を出しにくい色やグッズが入っていると、試してみようかなという気持ちになるのです。肌が丈夫だから試せるのです。メイク用品でかぶれたりする方には逆に苦手な福袋でしょうね。
どの福袋にしても、手ごろな値段で買えないと意味がありません。やはり、あくまでもお得感が始めにくるのです。私には3000~5000円くらいが試せる額です。それ以上になるとかなり迷います。10000円までという額になるでしょうか。
中身が見える福袋が年始の量販店などに並んでいます。一見魅力的ですが、近所の誰かと同じ服になったりしたらちょっと気恥ずかしいです。ですので大概ネット通販の福袋にしています。
量販店のものは、子どもにもいつか買おうかなと考えていましたが、もうあっという間に大きくなってしまい、夫とほぼ変わらないサイズになってしまったので、そのうちジーンズショップなどで福袋を一つ買って、父子で兼用にするのも面白いかもしれないなと、楽しみにしています。